2019年

9月

07日

ネーミング発想塾②

日本コカ・コーラから"おいしい"と"環境に良い"を両立するナチュラルミネラルウォーターとして、2009年に発売されました。


「健康と地球環境」意識の高いライフスタイルを指す用語である「LOHAS – lifestyles of health and sustainability」健康で持続可能性な、またこれを重視する生活様式)と、「いろは歌」の最初の「いろは」から取った商品名です。


厳選された全国7ヵ所で採水した国産の天然水であることと、お客様に対して環境への配慮が具体的な行動になる「きっかけ」になるように、と名付けられたそうです。


定期的に、280項目以上におよぶ大規模検査を実施。国の基準を大きく超える項目数と合格基準を自らに課し、確かな安全性を実現しています。

 

現在では、同ブランドで、フレーバーウォーターや炭酸水も販売されています。

 

このように、組合せネーミングは色々あります。また、生産者や販売者の想いを短いフレーズで入れられるのがネーミングの良さです。

 

みなさんの想いも、ぜひネーミングにしてみませんか!?

2019年

8月

31日

アイデア発想塾㉔

実はこれ、ワイン(シャンパン)グラスなんです。

 

アウトドアで、ワインやシャンパンを飲みたい!
でも手元にあるのは紙コップだけ…。なんか味気ないですよね。

かと言って、わざわざグラスを用意するのは面倒ですし、割れたら大変です。

 

そこで考えられたのがこの商品、曙産業 のGlass Five (グラスファイブ)です。材質がアクリル樹脂なので、割れにくいのが特徴。


グラスの底の部分が取り外せる構造になっているので、グラス同士を重ねることができるようになっています。
使用する時は、グラスを底の部分にはめ込むだけです。
しまう時は、グラスと底の部分を外し、それぞれ重ね合わせてケースにしまいます。

 

ケースにもこだわりがあり、ボトルのデザインになっているので、インテリアとしてお部屋に飾っておくこともできます。

 

「アウトドアでグラスが使え、テンションが上がる」と評判です!

 

 

アウトドアグッズは、アイデアの宝庫です。
様々なアイデアグッズが売られていますので、ぜひ見て下さい。

 

まだまだ色んなアイデアが生まれる分野ですので、ぜひ皆さんも考えて下さい!

2019年

8月

03日

アイデア発想塾㉓

掃除の際、フローリングや廊下の拭き掃除って大変ですよね!?
以前なら雑巾がけが主流でしたが、最近ではモップを利用することで屈まずに、簡単に拭き掃除ができます。


ですが、忙しい現代人には、掃除をする時間すらもったいないと思ってる方も多いようです。
そこで考えられたのがこの「モップスリッパ」です。


構造はいたって簡単で、スリッパの縁から足裏にかけて、モップを貼り付けたような構造になっております。


最近では、モップとスリッパが一体になっているもの、モップの付け替えが可能なもの、市販のスリッパに取り付けられるもの等、様々な種類が販売されています。


普段部屋で過ごす際、このスリッパを履いているだけで、フローリング等の床拭き掃除が一緒にできてしまうと人気になりました。


20年以上前からこのようなアイデアはありましたが、その時代のニーズには合わなかったようで、最近になってニーズが増えたのではないかと考えられます。

 

このように、時代先取りしすぎてしまうのも、事業化という面では厳しいかもしれません。


しかし、時代をつくることも、発明家にはできるのです。
時代は偉大な発明から生まれます。ぜひ、みなさんも時代の先駆者になってください!

2019年

7月

27日

アイデア発想塾㉒

コモライフ株式会社(大阪市)が、お年寄りによる使用を想定し、販売している「火の元・戸締りチェッカー」。なぜか、ツイッター上で7万以上の「いいね」を獲得しています。


商品は、板状のプラスチック製パネルに長方形の枠が設けられ、「ガス」「電気」「玄関」などの単語が書いてあります。
枠の下には、つまみを上げ下げすると「○・×」の表示が切り替わるチェッカー部分が付いていて例えば電気を消したら「×」を「○」に切り替えます。

ネットショップなどでも取り扱われており、定価は1,058円(税込)。

 

開発のきっかけは、商品企画部長の長尾与志秀さんが、外出後に自宅の鍵を閉めたか分からなくなるなど、物忘れを疑う機会が増えたため、社員の親にヒアリングを実施。
「火の元や戸締まりができているか、外出先で不安になる」との本音を聞くことができ、商品化することになりました。


現在の利用者は、60~70代がほとんどのようですが、若い世代が使う「ツイッター」でのヒットは予想外。
ツイートには、「自分用に買いたい」「親にあげたい」といった声が寄せられました。
また、「個人的には、この機能では足りない」や「タグを書き換えて使いたい」などの意見もあったとか。


朝の出勤前などの余裕がない時には、どんなに若い人であっても注意がおろそかになるもの。
「他人事じゃない」という思いが広く共有され、ヒットにつながったと言えそうです。

 

 

情報量が圧倒的に増えたいま、商品ターゲットを絞り込むことは大切ですが、宣伝の仕方で意外なターゲットが生まれる可能性が充分にあります。
一つの商品であっても、いくつもの使い方を見出すことで、ターゲットは広がります。


もう一度、自分のアイデアグッズの使い方も見直してみませんか!?そして、ぜひコンクールへ応募しましょう!お待ちしております。

2019年

7月

20日

ネーミング発想塾①

ますます暑くなるこの時期、アイスやソフトクリームも良いですが「冷凍フルーツ」もおススメです。
ただ、冷凍みかんは正直皮がむきづらいし、白い筋も気になりますよね!?


そこでオススメなのが、福岡県の八ちゃん堂から発売されている、皮むきいらずの冷凍みかん「むかん」
「みかん」の皮をむかないから『むかん』という語呂合わせで、たちまち人気に!!

 

八ちゃん堂は、福岡県みやま市山川町にあり、みかんの産地として有名な場所。
しかし、近年みかんの需要が国内で減ってきているため、みかん農家を少しでも手助けしたいと考案したのだそうです。


ユーモアなネーミングや、最近では都内のコンビニでも買える手軽さが話題になり、売り上げも好調だそうです!

 

いつの時代も「ダジャレネーミング」は人気です。
みなさんも、ぜひダジャレネーミングを考えて、「全国平和コンクール」に応募しましょう!!

2019年

7月

13日

アイデア発想塾㉑

岐阜県の長谷川刃物株式会社が販売している「カスタネットはさみ HARAC Castaカスタ」です。


 「すべての人にやさしいハサミ」をテーマに、お子様から握力の弱い方、あるいはお年寄りまで、幅広い方をターゲットとして考案されました。


特徴は、持ち手(はさみの指を入れる部分)が球形になっていること。この部分(ハンドル)を握ると刃先が動く仕組みになっています。
ほどよいボリュームの球形ハンドルは、握りやすいだけでなく、置いた状態でも使えます。


また、安心カバーをはめたまま切り進むことができるので、はじめてのお子様のハサミ使いや手が動かしにくい方等のリハビリテーションとしても最適です。
さらに、切るたびにカスタネットの楽しい音が響きます。

 

2004年にグッドデザイン賞を受賞。


この商品のように、普段何気なく使っている商品を見直してみるとアイデアはどんどん生まれます。
特に、指先を使わないと利用できないグッズは見直してみる価値はあるかもしれません。
みなさんも、ぜひ考えてみて下さい!!

2019年

7月

06日

アイデア発想塾⑳

お米を研いで水を流す際、一緒にお米を流してしまった経験はありませんか!?
また、野菜等を洗って水切りをする際、振りすぎて中身が出てしまった経験はありませんか!?


気をつけながら水切りをすると、水が残っていた(汗)なんてことが良くあります。

 

そこで考えられたのがこの「ミラくるザル・ボウル」です。
ボウルの上にザルを乗せて爪に引っかけると、そこが支点となってザルが回転できる構造になっています。

 


ボウルを傾けるだけで、さっと水切りができ、米とぎの水切りや素麺などの水研ぎ、野菜の水洗いなどに便利です。


ボウルは180度回転しますので、蓋としてもつかえてしっかり水切りできます。分離もできるので洗うのも簡単です。

 

このように、キッチン用品を組み合わせたアイデアはいろいろあります。
みなさんもぜひ組み合わせたら便利になりそうなグッズを考えてみましょう!!

2019年

6月

29日

アイデア発想塾⑲

この商品は、鍋の中に入れた蒸し物の器を取り出すためのトングなんです。

 

茶わん蒸し等の蒸し物調理をした際、鍋から取り出すの大変ではありませんか!?


鍋つかみを利用したり、タオル等を利用して取り出すこともありますが、熱くて火傷をしそうになることも…。


そこで考えられたのが貝印から販売されている、熱い器の取り出しに便利な「茶碗蒸しホルダー」です。


使い方はいたって簡単!挟んで持ち上げるだけです。
滑らず安定感抜群で、小さいものから大きいものまで掴めると評判です!

 

用途が限定されても、ケガや事故を防げるグッズは需要がありそうです。
また、キッチン用品はまだまだ改良の余地がある分野です。
みなさんもぜひ考えてみてください!!

2019年

6月

22日

アイデア発想塾⑱

ナットを締めたり、緩めたりするのに丁度合うソケットを持っていない、もしくは、サイズがわからなくて困った経験ありませんか?


わざわざ工具店に行って、ソケットを買ってきたのに、いざ使おうとしたらサイズが合わないなんてこともあります。


そこで、このアイテム。その名も「ユニバーサルソケット」。

例えば、直径9ミリ~21ミリのナットが、これ1本でマルチに使えるソケットです。(他サイズあり)

このソケット、ソケット部が特殊構造溝になっています。ちょっと説明しにくいのですが、イメージ的にはたくさんの串をもって目の前にある物体をゆっくりさすとその物体の形状で串が押されてへこみます。その形状が串の弯曲で現れます。(イメージの湧かない人は工具店へ)


ナットのサイズって色々あるので、全部買いそろえるのも大変ですし、お金が…(汗)
通常のボルトやナットだけではなく、蝶ネジまで回せちゃいます!

 

最近は、DIYが人気で様々な工具が販売されています。
素人でも簡単に取り扱える工具を考えてみると、アイデアはどんどん出てきそうです。

ぜひ皆さんも考えてみて下さい!!

2019年

6月

08日

アイデア発想塾⑰

揚物をしたり、フライパンで水分の多いものを炒める際、厄介なのが「油の飛び跳ね」です。


油が飛び跳ねて、レンジやレンジ周りが油まみれになりますし、気を付けないと、火傷をしてしまうこともあります。

そこで人気があるのが、ニトリで販売されている「油はね防止ネット(オイルスクリーン)」です。


サイズは、直径26㎝と30㎝の2種類。

オールステンレス製で、台所洗剤で汚れも落とせるので、簡単キレイ!
厚さわずか1㎝。薄くて軽いので、隙間にしまえてキッチンで場所をとりません。

 

この商品の特徴は、蒸気は通して、油の飛びはねをカットしてくれること。ステンレスワイヤのメッシュ部の細かさがポイントです。
また、パスタなどの湯切りとしても使えるので、一石二鳥なのです。

 

油の飛び跳ねを最小限に食い止め、飛び跳ねによる火傷を防ぐことが出来る商品として重宝されています。


「飛び跳ね」をキーワードに、何かアイデアグッズを考えてみると、たくさんアイデアが生まれそうです。

2019年

6月

01日

アイデア発想塾⑯

実はこれ、ドリンクホルダーなんです。


使用するときは、クリップを天板に挟み、ホルダー部分にカップを入れることで、飲み物を入れたカップが固定される仕組みになっています。

 

これにより、今まで机やテーブルに置いていたカップを倒してしまう心配がなく、安心して作業ができるという優れものなのです。

 

日頃、何気なく使っている商品を見直してみると、新たな「アイデアグッズ」が生まれるかもしれません。
みなさんもぜひ挑戦してみて下さい!

2019年

5月

25日

アイデア発想塾⑮

一般的なスティック糊は、円筒形になっている商品が主流ですが、角の部分が塗りづらいんですよね……

端まできれいに塗りたい場合は、はみ出しても良いように、下に紙を敷いて…などなど。


こちらのスティック糊は、糊の部分が三角形になっており、
この三角形を上手に使うと、色んな場所に塗れるので便利!
面で濡れば、角にもしっかり塗ることができます。
また、広い面もむらなく塗ることができます。
さらに、三角形の角の部分を使うと、細い場所に糊を塗ることもできます。

 

そして、もう一つ利点が!
実は、円筒形ではないので、転がる心配がないんです。
おかげで、机の上で適当においても床に落ちない。
なので、作業効率も上がるとか!?

 

実際に売り場へ行ってみると、糊の部分が四角形の商品も販売されています。
どっちが使いやすいかは、使う方の好みに分かれるところかもしれません。

形状を見直すだけで、付加価値が高まる商品はまだまだありそうです。
ぜひ、みなさんも見つけてみて下さい!!

2019年

5月

18日

アイデア発想塾⑭

この商品は「リアルトースト時計」です。


プロの食品サンプル職人が一つひとつ手作りで製作している商品なので、値段は若干高めなのですが、売れていた商品です。


何がすごいのかと言うと、見た目は本当にトーストに見え、文字盤が本物の焦げに見えること。
ここまでリアルに製作できるのは、やはり日本人の繊細な腕なのだと感心させられます。


実は、食品サンプルとのコラボ商品はたくさんあり、スマホホルダー等もあります。
最近では百円ショップでも、お寿司の食品サンプルキーホルダーやマグネットが販売されており、海外からの旅行者にも受けているそうです。


このように、既存商品に何かプラスすることで新たな商品になりそうなものがたくさんあるのではないかと思います。
例えば、お玉を加工してデスクグッズにしたり、フォークをアクセサリー飾りにしたり…。
きっと何か新しいグッズが生まれると思いますよ!


便利グッズを考えることも大切ですが、このようにちょっとプレゼントしてみたいと思われるようなアイデアグッズを考える方が、事業化に近づく可能性も高いと思いますよ!

2019年

5月

11日

アイデア発想塾⑬

実はこれ、テーブルや椅子に引っ掛けられて、目印にもなるかわいいアンブレラハンガーです。

 

傘って、ちょっと引っかけておこうと思っても、滑って何度もバタンと倒れ落ちてしまいませんか!?


銀行のATMや駅のトイレ等、据え付けタイプのハンガーが設置されていますが、意外と傘を引っ掛けたいケース(場所)って多いですよね!?

 

そこで、このアンブレラハンガーを傘の柄に取り付けると、どこでも引っかけておけるので、傘が倒れません。

そのうえ、傘立てに置いていても目印にもなり、自分の傘がすぐわかるので便利!!


 「自分の傘ってどれだっけ?」「間違って持って行かれちゃった!」を解消してくれます。

 

カラーバリエーションもあるので、家族で色分けして使えます。

2019年

5月

04日

アイデア発想塾⑫

コーヒーを飲みながら書類作成。気が付いたらコーヒーのしずくが垂れて机や書類を汚してしまった…。そんな経験ありませんか?


「YANKO DESIGN」が販売しているこのマグカップを使えば、そんなことはもうありません。


こちらのマグカップ、下の方にある細い1本のラインが画期的。ポイントは、ただのデザインではなく、カップのフチからしずくが垂れてもこのラインで下まで流れるのを止めてくれます。


デスクやテーブルにしずくが垂れないので、書類を濡らすことがなくなります。

 

ちょっとした工夫が、不満を一気に解決してくれるアイテムです。

2019年

4月

22日

アイデア発想塾⑪

こんなことありませんか?
・飲み会で遅くなり、帰宅したら鍵を失くしたに気づき、やむなく奥さんを起こして叱られた…。
・子供が学校から帰ってきたら、たまたま家に誰も居なく、泣きながら誰かが帰って来るのを待っていた…。
かと言って、玄関先やポストに鍵を置いておくのは不安…。
鍵って、意外と忘れたり失くしたりしますよね!?


こんな時、役に立つのがこの「鍵を隠せる岩『PERFECT REAL ROCK KEY HOLDER』なんです。
これはホンモノの岩でできています。なので閉めたらほぼ確実にわかりません。
玄関先にこれだけあるとあまりにも不自然なので、観葉植物などと一緒に置いておけば気付かれません。

 

私も良く鍵を忘れ、事務所に入れないことが…(汗)
でもおける場所がない!!(泣)

2019年

4月

21日

ちょっと、ひとやすみ

ある時、一人の青年が発明相談で豊沢先生を尋ねてきました。

「マヨネーズが残り少なくなっても使いやすいように、マヨネーズを逆さまにするスタンドを考えました」とのこと。

実はそのようなアイデアは既に考案されており、いわゆる落第発明。

しかし、豊沢先生は「貴方の発想、着眼点は素晴らしい」とその青年を褒めました。そして、青年は喜んで帰っていきました。

その数十年後、その青年は都知事になりました。

その青年とは、若き日の青島幸男氏だったのです。

その後二人は再会し、当時の思い出を酒の肴に談笑したそうです。

「褒める魔法」それは、豊沢先生の最大の武器でした。

多くの起業家や発明家が先生に褒められ大成功したのです。

「豊沢先生と握手をすると金持ちになれる」といううわさ話まで出てきて先生の周りには、いつも多くの人が集まっていました。

そして、現在、亡き豊沢先生を思う時、

「人を褒める」とは、人を褒める同時に「自分を褒める」という事の大切さを実感するのです。ところが現在多くの人が「自分はたいした事が無い。同じ失敗繰り返し、オレはアホだ」と。まさに自分がそうです。

でもそれではいけません。自分をけなし、傷つけていては他人も褒める事ができないからです。まずは自分の長所をみてあげて自分を褒める練習をすることが先決なのです。

すると、

①自分を褒める ⇒ ②他人も褒められるようになる 

 ③他人が成功していく ⇒ ④褒める魔法により自分も成功していく

という周期になります。そう、豊沢先生はそれにいち早く気がつき実践されていた訳です。

 

だから、豊澤先生は大成功(大往生)されたのです。

「褒める魔法」・・・皆さんも実践してみませんか?

お金もかからず幸せになれる。これこそ究極のアイデアなのかも。

 

2019年

4月

13日

アイデア発想塾⑩

実はこれ、お香なんです。

その名は

「10MINUTES AROMA『hibi』」

 

マッチを擦るように火をつけて、立ちのぼる自然の香りに身をゆだねる。「hibi」は、着火具がなくても手軽に使えるお香スティック。


マッチの軸がお香になった革新的なデザインによって、スマートに香りを楽しめます。日々の生活のなかで自然に使用でき、特別な10分間を演出してくれます。


着火部は、播磨地域で1929年に創業した老舗のマッチメーカー『神戸マッチ』が製造。これまでに培ったノウハウを生かし、スムーズな着火を実現しています。
hibiの軸(お香)の部分は、淡路島で1936年に創業した老舗メーカーがを製造しています。


実は「マッチのように簡単に着火できるお香」というアイデアが生まれてから約3年にわたる試行錯誤を重ね、擦っても折れない強度のあるお香が完成したとのこと。

 

このお香には天然のハーブオイルが使われ現代の生活に馴染む心地良い香りに仕上がっています。
香りは、Lemongrass・Lavender・Geranium・Ylang Ylang・Tea tree以下の5種類。

いまある商品を別の用途に使えないか考えてみると、アイデアはどんどん生まれそうです。みなさんもぜひ考えてみて下さい!

2019年

4月

06日

アイデア発想塾⑨

よく見てください!柄の部分が1本しかないんです。
実はコレ、二人で仲良く使うための相合傘なのです。
商品名は「Two Person Umbrella」
普通、2人で1本の傘に入ると体が半分濡れますが、この商品ですとほぼ濡れる心配がありません。
気を遣わずに、二人で仲良く相合傘ができる優れものです!

 

この傘は大人用ですが、子供用も作ると兄弟仲良く1本の傘に入る姿もかわいいかもしれません。
また小学生の場合、雨でランドセルが濡れることがありますが、この傘を使えば身体とランドセルの両方を濡らさずに済みそうです。

 

そういえば、この商品を見ていたら「電球の二股ソケット」を思い出しました。
現在1本(1個)で使用しているものをいくつかくっつけると、新しいアイデアが生まれる可能性があるかも!?

 

ぜひ考えてみてください!

2019年

3月

30日

アイデア発想塾⑧

実は私、不器用なんです…。

料理を作るのは好きなのですがまず箸が上手く使えないので、もちろん菜箸は使えない。

さらにフライ返しを使うと作った料理がフライパンから飛び出てしまう。

こんな状態なので焼き魚は崩れるし、子ども達が大好きなオムライスなんて、まず作れません。

焼きそばを作っても、麺と具材のバランスがあまりにも悪くて…。

 

何とかならないものかと、キッチン用具を探していたところ、見つけたのがコレ!

返す、すくう、挟む盛り付ける等、いろいろ使えて便利なフライ返し。

構造は、トングに平面状のフライ返しとフォーク状のフライ返しがくっついたようなカタチで、しっかり握れば普通のフライ返しとして使えます。

また、フライ返しの片方がフォークのようになっているので、網の上で焼いた魚も上手に掴むことができます。

あるいは、トングの様に挟むことができるので、サラダ等の盛り付けにも使用でき、とても便利です。このフライ返しを使うことで、フライパンから料理が飛び出なくなりました。

2019年

3月

23日

ちょっと、ひとやすみ

皆さんはどんな時にアイデアが浮かびますか?

古来(中国)では、アイデアが浮かぶタイミングに三上(さんじょう)という言葉があります。

◯ 枕の上  ⇒  横になっている時または寝てる時

◯ 馬の上  ⇒  車の運転中または散歩している時

◯ 便器の上 ⇒  トイレ中またはお化粧している時

 

まず、枕の上ですが、寝ている時とも解釈できそうです。

確かに、私が知っている発明家は「私の発明のほとんどは、夢の中で出てきたアイデアだ」と言っています。実際、そのアイデアのいくつかは商品化されています。

次に、馬の上ですが、今だと車の運転中または散歩中という事でしょうか。もちろん運転には十分注意が必要です。馬に乗っているときも同じく振り落とされないように注意が必要です。共通点として何かに集中している時にアイデアが浮かびやすいという事でしょう。

最後に、便器の上ですが、もちろん座っている状態ですね。ぼーっとしている状態でしょうか、はたまた、緊張感がスーっと消えた瞬間でしょうか。いずれにせよリラックスしている状態です。

 

アイデアが浮かぶタイミングは人それぞれだと思いますが、自分のそのタイミングを知っていると何となく自信が出てきますよ。

私なんかは散歩中がいいですね。日々移り変わる季節や街の風景を眺めながらリラックスしている時にアイデアが浮かびやすいです。

もちろん、日頃から問題意識を持っていることが最低条件ですよ。

それと、メモを常備する事も大切です。今だと携帯のメモ機能や録音機能を活用しましょう。人は忘れる生き物ですから。

セレンディピティ、偶然のひらめきも貴方の潜在意識からのプレゼントです。人は考えるそして創造できるから素晴らしい。

一緒に、私達の明るく美しい未来を創造して生きましょう。

 

2019年

3月

16日

アイデア発想塾⑦

この商品は、最近人気の「アボカド」の身を簡単にカットしてくれるものです。


アボカドのカットって、意外と大変ですよね。手は汚れるし、やわらかいとグチャってなることありませんか?


でもこの商品を使うと、とても便利!!


使い方はかんたん!アボカドを縦に半分に切り、このカッターでアボカドの皮に沿うように、身を剥ぎ取るだけ。
手も汚さず、簡単にカットしてくれます!

 

このように、何か1点の不便を解決させるアイデアはいくつも出てきそうです。
あまり欲張らずに、1点解決型のアイデアを考えてみましょう!!

2019年

3月

09日

アイデア発想塾⑥

実はコレ、「カンタンに白髪ねぎが作れる!」と評判のねぎカッターなんです。


複数の刃が付いた商品で、これを使用するときは、ねぎを包丁で適当な長さに切り、縦方向にしてカッターの刃を入れ、手前に引きます。そうすると、簡単に白髪ねぎを作ることができます。

同じ箇所に何度も刃を入れることで、さらに細くすることもできます。

 

いままでは、1つの商品でいくつもの機能を備えたアイデアグッズが多かったのですが、最近では機能を限定した商品が多く出ています。


また、万人受けするような商品ではなく、特定のニーズに応える商品も増えています。その方が、ロングセラー商品を狙えますよ!!

2019年

3月

02日

アイデア発想塾⑤

なかなかモノが売れないと言われる時代に、ヒットを生むキーワードとして注目を集めているのが「昭和レトロ」。昭和レトロとは、昭和の時代に対するノスタルジーや憧れの総称と言われ、その中でもブームの主流は、昭和30~40年代をさす場合が多いと言われています。


その頃に流通していた商品がいま「新しい」と、若者を中心に流行っています。
固定電話から携帯電話へ進化し、そして現在ではスマートフォンが主流になりつつあります。


しかし、昭和生まれの方にとっては、やっぱり電話と言えば「黒電話」ではないでしょうか?
プッシュフォンが主流になった時、現在のスマートな形になりつつある中で、黒電話型のプッシュフォンが人気になったことがあります。
そして「スマートフォン」になった現在、話題になっているのがこの受話器。


スマートフォンのジャック(イヤホン等を差し込む穴)に差し込む受話器なのですが、なんと形が黒電話そのもの!
レトロな外観も人気の理由の一つですが、見た目だけでなく「意外に使える」と好評なのだそう。


スマートフォンで電話をすると、女性の場合はファンデーションなどが画面に付いて、画面が汚れるのが気になりませんか?あるいは、男性の方は皮脂が付いてベタベタするなんてこともありますよね!?


また、メモをしようと思って、肩との間に挟もうと思っても薄すぎて挟めない。
そもそも、スマートフォンだと声が聞き取りにくいと言った不満もあるようで、この商品を使用することにより、一気に解決ができると評判なんだそうです。


あえて、薄い・軽いが評判のスマートフォンにおいて、この受話器を使うギャップも人気の一つ。
飲み会の席で、「あっ!家に電話しなきゃ!!」とこの受話器で会話をしたら…(笑)

2019年

2月

23日

アイデア発想塾④

実はコレ、シールなんです。


この商品は、自転車やバイクの盗難防止のために考えられたものです。
自転車やバイクの盗難防止グッズは多々ありますが、自転車の場合、カギを壊されてしまうと、簡単に盗まれてしまうことが多いです。
自転車の価格は、余程のものではない限り、さほど高くはありませんが、盗まれると精神的に落ち込んでしまいます。
また自転車の価格を考えると、あまりに高価な盗難防止グッズを購入するのも考えてしまいます。


そこで考え出されたのが、写真の「鳥のフンシール」。
これを、サドルに貼っておくと、何となく抵抗を感じ、盗まれにくいというのです。
確実に盗難を防ぐことはできないかもしれませんが、「一瞬躊躇させる」という点では、おもしろいアイデアだな…と感心させられました。あくまでもシールなので衛生上問題はありませんし、何度でも貼り替えが可能です。


シールに関するアイデアはたくさんあります。
例えば、小便器の内側にハエのイラストのシールを貼っておくと、そのシールを目がけて用を足すので、便器やその周りの汚れが減ったという事例もあります。


既存商品の「新たな活用方法」を考えることが、プチ金持ちになる第一歩かもしれません。また、このようなアイデアは、意外と簡単に思いつきますし、アメリカでもウケるようです。既存商品を活用したユーモアのあるアイデアを考えてみましょう!

2019年

2月

16日

アイデア発想塾③

冬場の心配と言えば、「肌乾燥」や「風邪」ですが、これらを防ぐグッズが、たくさん販売されていきます。今回は、冬場に重宝する面白いアイデアグッズを紹介します!


上の写真のテントは、頭だけが入る大きさなのですが、いったい何のために使うものなのでしょうか?
それは、冬場の頭の冷えを防ぐためのものなのです。経験のある方もいるかもしれませんが、寒い日に寝ていると、頭が冷えて痛くなり、目が覚めてしまうことが良くあります。
首にタオルを巻いて寝る方もいるかもしれませんが、寝返りを打ちづらくないですか!?
この商品を使うと、頭を覆ってくれるので、冷気が頭にかからず、快適に睡眠ができるそうです。
そして、この商品にはあと2つの機能があります。
1つ目は、遮光タイプなので、部屋の明かりが点いていても、テントの中に光が入りません。他の人が起きていても、自分だけは熟睡することが可能なのです。
2つ目は、濡れタオルを掛けるポケットが付いているので、部屋の空気が乾燥していても、テントの中は適度な湿度が保てるので、風邪の予防にも役立ちます。
あるいは、女性の方なら肌の乾燥も防げるメリットもありそうです。もちろん、折りたたみができるので、コンパクトにまとめることができるほか、外出先でも使用することができます。

 

普段使用している商品であっても、別の用途にできないかと考えてみると、アイデアは色々と出てくると思います。ぜひ探してみて下さい!!

2019年

2月

09日

アイデア発想塾②

突然襲ってくる「睡魔」あなたはどうしていますか?

 

最近では、作業効率を高めるために、業務時間内に昼寝タイムを設けてる会社もあるようですが、なかなか思うようには寝られません。

そこで、アメリカから上陸したこの商品。ネクタイをプクッと膨らませれば、あっという間に簡易枕に早変わり!これでもう、いつでも仮眠が可能になります。

使い方はカンタン!ネクタイの裏側に付いている空気口から自分で息を吹き込み、あとは膨らんだネクタイで眠るだけ。

しかも重さ約12kgまでしっかり支えてくれます。

もちろん、ネクタイとしての品質はかなりのもので、生地にはマイクロファイバーとシルクを使用しているので、見た目の高級感は文句なし!!

シワがつきにくい素材なので、カバンやスーツケースにしまっておいても安心です。

最近では、睡眠障害や不眠症が話題になっています。その理由の一つとして、「眠りたいときに眠ることができない」というのがあります。

こういったグッズを使用することにより、少しでも睡眠の時間を確保することで、これらの症状を緩和することができるのではないかと思います。

 

知的財産学園や全国発明大会での発表を見ていると、「共感」を誘うものが入賞する確率が高いので、周りの方に不便なことを聞いてみるのもアイデア発想のヒントになりますよ!

2019年

1月

26日

アイデア発想塾①

私事ですが昨年、東久邇文化褒賞の額を発送する際、見事に背中を痛めてしまいました。
なんとか一人で湿布を貼ろうとしてみたものの、思うように手が届かなかったり、湿布がグニャグニャってなったりで意外と大変ですよね。


そこで、ひとりでも簡単にどんなところでも湿布が貼れるものがないかと調べた結果が、このお助けアイテム。


この商品は、旭電機化成株式会社から発売されている、背中など貼りにくい部分にも一人で湿布が貼れるプレートです。
使い方は簡単!
①プレートカバーを持ち上げ、粘着面を上にしてプレートに置きます。
②カバーを閉じ、軽く押さえて残りのフィルムを剥がします。
③プレートを持ち、プレートの先で湿布を軽く押さえながら、身体に沿って貼る方向に真っ直ぐ動かします。

 

上手に貼るコツは、プレートの先を軽く身体につけるようにして真っ直ぐ動かすことだそうです。


肩や腰、背中など、一人では貼りにくい患部にシワなくキレイに貼れます。ぜひお試しください!