2017年

3月

04日

3月4日(土)知的財産学園

今日の知的財産学園は、小山先生によるアイデアを説明するための文章の書き方について講義をして頂きました。

 

構成要素を記載する際は、先行技術文献を見ると用語が出ているので参考にすると良いなど、どう説明したら良いかわからない場合など、参考になることが多かったのではないかと思います。

 

発明の発表会は、いつもより多くの方が発表され、とても活発な意見が出ていました。この調子でたくさんの方に発表をして頂けると、もっと活発になるのではないかと期待しています。

 

次回は、6月3日(土)となります。(4・5月は休会)

これから暖かくなり、活動するには良い季節となります。ぜひアイデアを考えて発表してみましょう!

0 コメント

2017年

2月

04日

2月4日(土)知的財産学園

今日は、2017年に入って最初の知的財産学園となりました。

風邪で欠席される方もいたのですが、今回も15名の方にご参加いただきました。

今回は新しい方もお見えになり、参加された方も大変喜んでいました。やはり、新しい方が増えると嬉しいものですね。

参加資格はありませんので、興味のある方は、ぜひ一度遊びに来て下さい!

0 コメント

2016年

12月

03日

12月3日(土)知的財産学園

今日は、年内最後の知的財産学園となりました。

 

天気も良かったので、新大久保駅周辺はたくさんの人達で賑わっていました。

 

今日は、小山先生を中心に今後の会の運営について、意見交換を行いました。

 

その中で、小山先生が「自分のアイデアが大切であるならば、他人に頼らず、自分の力でできることはしないといけない」とおっしゃっていました。発明家の皆さんは、試作品の製作や売り込みが苦手と言う方が多いのですが、発明事業化で一番大切なところでもあります。

 

まずは、自分の力でやてみることが大切だと小山先生は言います。

事務局は、そんな皆さんのサポートをしています。

知的財産学園も、その一環で参加者の皆さんから意見を貰う場として提供しています。

 

来年は事業化に向け、お互いに切磋琢磨して頑張って行きましょう!!

0 コメント

2016年

11月

08日

平成28年度 東久邇宮文化褒賞

11月2日(水)、京王プラザホテルにて「東久邇宮文化褒賞授与式」が行われました。

本年度の受賞者数は300名を超えました。当日は、240名の方が出席され、会長の吉村より賞状が手渡されました。

授与式では、ちょっとしたハプニングもありましたが、むしろ良い思い出になったのではないかと思います。

祝賀会は、豊澤名誉会長が推奨されていた「褒めよう会」を実践し、①名刺交換の際には必ず1つは相手を褒める②批判厳禁 というルールで行われました。

おかげさまで、会場は大盛り上がりとなり、楽しいひと時を過ごすことができました。

0 コメント

2016年

10月

01日

10月1日(土)知的財産学園

今日の知的財産学園は「アイデアの提案力を伸ばす」をテーマに、当会講師の小山先生に説明をして頂きました。

 

現在、実際に提案をしている方の作品を基に、企画書の書き方について説明を頂き、とても濃い内容でした。

 

今日は比較的参加者が少なかったため、発表者も少なかったのですが、その分色々な意見が出て活発な会となりました。

 

次回は12月3日(土)です。年内最後の知的財産学園となりますので、たくさんの方のご参加をお待ちしております。

0 コメント

2016年

9月

03日

9月3日(土)知的財産学園

今日の知的財産学園は「ネーミングの提案の仕方」について、当会講師の小山先生に説明をして頂きました。

 

現在、実際に提案をしている方の作品を基に、企画書の書き方や企業への送り方、また先願調査等についても説明して頂き、とても濃い内容でした。

 

今日は参加者が少なかったため、発表者も少なかったのですが、その分色々な意見が出て活発な会となりました。

 

次回は10月1日(土)です。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

0 コメント

2016年

7月

02日

7月2日(土)知的財産学園

今日の東京は30度を超える暑さとなりましたが、20名近い方にご参加いただきました。

 

今日は発表は少なめだったものの、活発な意見がたくさん出て、非常に有意義な時間を過ごすことができたのではないかと思います。

 

講義は、小山先生による発明事例の解説をして頂きました。

吉村会長の発明講座は、前回に引き続き傘のアイデアで成功された方のその後の話を伺いました。

 

来月の知的財産学園は休会となり、次回は9月3日(土)となります。

0 コメント

2016年

6月

04日

6月4日(土)知的財産学園

今日は、「知的財産学園」が行われました。

 

4・5月と休会だったので、待ち遠しかった方もいらっしゃったようです(笑)

 

今日は20名の方が参加され5名の方が自分の作品を発表されました。

 

参加者全員の投票の結果、トップ賞がきまったのですが、トップ賞を取った方が「自分の仕事に直結する、プロのアイデアだから…」ということで、2位の方にトップ賞を譲るという結果になりました。

 

知的財産学園は、参加者が「みんなで仲良くアイデアの意見交換をする場」にしてくれています。

 

そんな「知的財産学園」にみなさんも参加してみませんか?

次回は、7月2日(土)13:00~です。

 

※写真は、発明講話をされる吉村会長。

0 コメント

2016年

4月

21日

平成28年度東久邇宮記念賞授与式

4月18日(月)大阪ガーデンパレスにて東久邇宮記念賞授与式が行われました。

全国各地から180名近い方が出席され、会長の吉村より一人ひとりに賞状が手渡されました。

また、当日はたくさんの皆様に運営のお手伝いを頂き、ありがとうございました。

皆様に支えられ、授与式が盛大に行われましたこと、本当に感謝いたしております。

11月に行われる「東久邇宮文化褒賞」でも皆様にお会いできますこと、楽しみにしております。

0 コメント

2016年

2月

06日

2016年2月 知的財産学園

講演:「米国著作権登録の意義」

講師:深瀬 元延 先生

 

今日の知的財産学園は、「米国著作権登録の意義」について講演を頂きました。

 

深瀬先生は特許申請にも精通され、案件毎にどの権利で保護をするかを検討しながらされているそうです。

 

今までは特許申請だけでしたが、特許にならないようなアイデアもあり、どうしようかと思っていたところ、米国著作権登録の存在を知ったそうです。

 

現在では、日米コピーライトオフィスの米国申請者の中でダントツの申請数となっています。

 

米国の登録証のコピーを企画提案書に添付して送付すると、売り込んだ先から、ほとんど返事が来るということも教えて頂きました。

 

通常は、企業に売り込んでも1割返事があれば良い方だと言われますが、この方法だと企業の意向が良くわかります。

 

今回の講演を通して、米国著作権登録に興味を持って頂けた方が増え、事務局としても非常にうれしく思いました。

0 コメント

2015年

11月

03日

平成27年度 東久邇宮文化褒賞

本日、京王プラザホテルにて「東久邇宮文化褒賞授与式」が行われました。

本年度の受賞者数は205名。170名の方が出席され、会長の吉村より賞状が手渡されました。

祝賀会は、豊澤名誉会長が推奨されていた「褒めよう会」を実践し、①名刺交換の際には必ず1つは相手を褒める②批判厳禁 というルールで行われました。

おかげさまで、会場は大盛り上がりとなり、楽しいひと時を過ごすことができました。


0 コメント

2015年

4月

18日

平成27年度 東久邇宮記念賞授与式

本年度の東久邇宮記念賞は、初の大阪開催ということもあり、200名を超える受賞者が決定され、当日は約160名の方が授与式に出席されました。

当日は厳粛な雰囲気の中、一人ひとり、会長の吉村より賞状を受け取りました。

受賞者の皆様は、さらに気を引き締めて頑張りたいとおっしゃっていました。

授与式後の祝賀会も多数の方にご参加いただき、歌の披露等、とても賑った会となりました。

今後、さらにこの会が大きくなるよう、事務局も努力して参ります。

0 コメント

2015年

4月

01日

今日から4月です!

今日から官公庁や学校、企業は新年度が始まり、身が引き締まるような気がします。

東京は桜が満開になりました。

事務局の隣にある「皆中稲荷神社」の桜もきれいに咲いています。

事務局を移転して早1か月、引っ越しの際には、まったく気がつかなかったのですが、こんなにきれいな桜が見られるとは思わず、ちょっと感動してしまいました。

皆中神社は、勝負事に勝つというご利益があるため、毎日たくさんの方が試験合格や宝くじ当選の祈願で参拝に来られます。

事務局にご来社の際には、ぜひ皆中神社にもお立ち寄り下さい。

【お願い】ご来社の際は、事前にご予約をお願いいたします。

0 コメント

2015年

2月

07日

2月7日(土)知的財産学園

講演:「商品完成予想図の重要性」

講師:角野 博昭 先生

 

大手自動車メーカーで、設計開発部門での経験を生かされ、現在ではプロダクトデザイナーとして活躍されている角野先生に、簡単に描ける「商品完成予想図の重要性」について講演を頂きました。

商品を実際に製作するためには、まずは図面が必要ですが、それと同じく完成予想図も必要になります。

完成予想図は、立体的に描くため難しいと思われがちですが、実際には簡単だと角野先生はおっしゃいます。

今後、角野先生による「立体完成予想図の描き方」セミナーを開催する予定ですので、興味のある方はぜひ事務局までお問い合わせ下さい。


現事務所(北原ビル)での知的財産学園が最後となるため、今日はたくさんの方にお越し頂きました。


次回、3月の知的財産学園は休会となります。

4月以降のスケジュールは、後日ホームページにてお知らせ致します。

0 コメント

2015年

1月

17日

新しいタイプの商標が保護されます!

今まで商標法の保護の対象ではなかった商標が、新たに保護されることになりました。

改正法の公布日(平成26年5月14日)から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日に施行されます。

新たなタイプの商標は、次の通りです。

 

 動き商標:文字や図形等が時間の経過に伴って変化する商標

 ホログラム商標:文字や図形がホログラフィーその他の方法により

                          変化する商標

 色彩のみからなる商標:単色又は複数の色彩の組み合わせからなる商

                                   標

 音の商標:音楽、音声、自然音等からなる商標であって、聴覚で認識

                  される商標

 位置商標:図形等の商標であって、商品等に付する位置が特定される

                  商標

 

<役に立つサイト>

 特許庁 http://www.jpo.go.jp

 特許電子図書館 http://www.ipdl.inpit.go.jp

 工業所有権情報研修館 http://faq.inpit.go.jp

 

0 コメント

2015年

1月

17日

2015年1月17日(土)知的財産学園

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

2015年の知的財産学園も、皆様に楽しんで頂けるような企画を立てていきたいと思いますので、ぜひご参加ください。

さて、本日の知的財産学園は…


講演:「アイディアの商品化について」

講師:株式会社エンカウンター

代表取締役 原 忠男 先生


アイデアを売るために、必要な知識やアドバイスを頂きました。

まず、企業は常に新しアイデアを求めていると言うこと。ただし、その企業とのマッチングが難しい…。

企業が求めているアイデアが何なのかを、発明家自身が常に考えないといけない。


また試作品の制作から販売までを含め、できる限り自分でやってみるということ。(なぜなら、自分のアイデアは自分が一番わかっているから)

などなど、新たに得ることや、改めて考えさせられることが多かった講演でした。


2015年も始まったばかり、ぜひ商品化に向けて頑張りましょう!!

0 コメント

2014年

12月

06日

12月6日(土)知的財産学園

今日は、年内最後の「知的財産学園」が行われました。


今年の年始に目標設定したことが実現できたか等、振り返ってもらい、来年の抱負も含め、発表してもらいました。


その後、恒例の忘年会(望年会)を行い、みんなでワイワイしながら盛り上がりました!

来年もまたみなさんとお会いできることを楽しみにしています。

0 コメント

2014年

11月

29日

全国発明大会 決勝大会

11月29日(土)大久保地域センターにて「全国発明大会決勝大会」が行われました。


今年も多数の作品の中から、発明部門15作品、ネーミング部門12作品の発表が行われ、今年の大賞作品が選ばれました。


今年度の上位三賞をお知らせします。

【発明部門】

 第1位 東久邇宮記念大賞

  作品名:足こぎ三輪車椅子さくら

  氏 名:角田 米男 様


 第2位 豊澤豊雄賞

  作品名:ショルダーコリトル

  氏 名:水島 隆之 様


 第3位 知的財産学園賞

  作品名:携帯用グリップ

  氏 名:照山 廣之 様


【ネーミング部門】

 第1位 東久邇宮記念大賞

  作品名:お餅のネーミング「お金餅」

  氏 名:久保田 操 様


 第2位 豊澤豊雄賞

  作品名:日本酒のネーミング「感謝でいっぱいで酒」

  氏 名:近藤 育代 様


 第3位 知的財産学園賞

  作品名:お菓子のネーミング「ラッキーカモン」

  氏 名:万本 髙 様

 

0 コメント

2014年

11月

03日

東久邇宮文化褒賞授与式

本日、11月3日(月)文化の日に「東久邇宮文化褒賞授与式」が行われました。


天候に不安があったものの、当日は天気にも恵まれ、明るい雰囲気での式典となりました。


本年度は、125名の方が受賞され、会場には105名の方が、吉村靖弘会長より賞状を受け取られました。


厳粛な雰囲気の中、賞状を手にされた皆様は、盛厚殿下と豊澤豊雄名誉会長の思想理念を後世に繋げて下さることをお約束して下さいました。


今回は、お付添の方もとても多く、祝賀会では200名を超えるご参加を頂き、とても賑わっていました。

0 コメント

2014年

10月

21日

「テクニカルシャドーボックス展」開催!

当会会員の藤原様等による「テクニカルシャドーボックス展」が開催されています。

 

立体絵画の額絵がたくさん展示されており、とても1枚の紙を重ね合わせて作ったとは思えないものばかりです。

10月25日(土)まで開催!

ぜひ遊びに来てください!!

0 コメント

2014年

10月

04日

10月4日(土)知的財産学園

今回は中沢先生より、大ヒット商品「初恋 ダイエットスリッパ」についての講演を頂きました。
 
踵のないスリッパが、ダイエットや腰痛に効く!?と、たくさんの方に受け入れられ、大ヒットとなりました。

 

そして今回は、開発秘話だけでなく、大ヒットになったきっかけもお話頂きました。

 

幼少の頃からアイデアを考えたり、ものづくりが大好きだった中沢先生は、お父様に褒めて貰えることがうれしくて、創作活動に励んだそうです。

 

そこでお話されていたことは「とにかく研究して、色々な角度から客観的に自分のアイデアを見ること」だということでした。

 

そして、実用化にはお金がかかるということ。お金がかかっても、

商品化したいと思えるアイデアであれば、自分でやってみることが大切だとおっしゃっていました。

 

現在、中沢先生は新しい商品開発に忙しいとか…。

 

現在までの累積売上高は35億円! またもやこんなに身近に億万長者がいたとは…(汗)

0 コメント

2014年

9月

20日

9月20日(土)知的財産学園

講演:「全国発明大会」応募用紙の書き方

担当:事務局 青野

 

今日の知的財産学園は、「全国発明大会」応募用紙の書き方の講演を行いました。

 

毎年、1000件以上の作品が応募されますが、一次審査で合格される作品は約20作品と、非常に狭き門となっています。

 

その際、審査員の方が応募用紙を見る時間は、1件につき約1分です。

その1分の時間で自分のアイデアを見てもらうためには…

 

そこで、審査員(企業担当者)の目に留まる「応募用紙の書き方」について参考例を基に、説明をしました。

 

昨年の全国発明大会では、上位三賞が小山発明クラブの方が独占されました。

 

今年は、どの作品が入賞されるのか、楽しみです。

ぜひみなさんも応募しましょう!!

詳しくは、コチラ

0 コメント

2014年

9月

06日

9月6日(土)知的財産学園

「ラクダーネ開発秘話」

講師 : 有限会社フロンティアツクダ

    取締役会長 津久田 喜代枝 先生

 

 

今回は津久田先生より、大ヒット商品「ラクダーネ」と「肉取物語」についての講演を頂きました。
 
ご自身の体の歪みによる苦痛を和らげるために考えた骨盤サポートベルトのアイデアは、たくさんの方に受け入れられ、大ヒットとなりました。

 

そして今回は、開発秘話だけでなく、実際にどのような売り込みをしたのかと突っ込んだ内容でお話を頂きました。

 

そこでお話されていたことは、「売り込みをするには、まずは自分を気に入ってもらうことが大切」だということでした。

 

信用されている方は、色々なところから声がかかるようになり、活躍の場が広がるとのこと。

 

現在、津久田先生はサポートグッズの監修もされています。

 

現在までの累積売上高は25億円! こんなに身近に億万長者がいたとは…(汗)

0 コメント

2014年

7月

19日

7月19日 知的財産学園

講演:「知的財産権の概要・著作権の概要」

講師:井上 むつき 先生

 

本日の知的財産学園は、日米コピーライトオフィス代表の井上むつき先生による「知的財産権の概要・著作権の概要」について講演頂きました。

井上先生は、上武大学や日本電子専門学校で講師をしています。

今日は、その講義の内容をそのまま知的財産学園でお話頂きました。

出席された方は、数十年振りの授業で、新鮮な気分で受けられたようでした。

 

8月2日(土)と16日(土)は、休会となります。

9月6日(土)の知的財産学園は、「ラクダーネ」や「肉取物語」で有名な、津久田喜代枝先生「ラクダーネ開発秘話」の講演を頂きます。

0 コメント

2014年

7月

05日

7月5日(土)知的財産学園

「テクニカルシャドーボックス 開発秘話」

講師 :藤原 ラム 先生

今日は、藤原ラム先生による「テクニカルシャドーボックス」についての講演を頂きました。

従来のシャドーボックスに新しいアイデアを取り入れたその作品は、現在人気を集めています。

その先駆者として、アイデア発想の秘訣についてお話頂きました。

 

発明の発表会では、上位2賞が接戦となる結果となり、大変盛り上がりました。

次回は、7月19日(土)13:00~開催します!

 

0 コメント

2014年

6月

21日

大阪ハイテクノロジー専門学校 講義

今日は、大阪ハイテクノロジー専門学校にて「特許管理士受験対策講座」が行われました。

毎年、たくさんの学生の皆様に受験して頂いており、講師も気合が入ります。

若いみなさんに、少しでも知的財産権の世界に興味を持って頂き、社会に出てからも役に立てばと思っています。

私も久しぶりの講義だったため、緊張する場面もありましたが、楽しいひと時を過ごすことができました。

大阪ハイテクノロジー専門学校のみなさん全員が試験に合格されますこと、心より祈念いたします。

0 コメント

2014年

6月

13日

商標・先願調査セミナー開催しました!

本日、「商標・先願調査セミナー」が行われました。

内容は、商標を調査するに当たって必要な、商標法の知識を勉強し、その後実際にパソコンを使用して、初心者検索の仕方から、中級者向けの称呼検索、区分表の見方などについて勉強しました。

自分で出願したいと思っている商標を検索してみたりと、短い時間ではありましたが、有意義な時間を過ごすことができたのではないかと思います。

次回は、10月中旬の平日を予定しております。

 

0 コメント

2014年

6月

07日

6月7日(土)知的財産学園

今日の知的財産学園は、朝から強い雨が降っていたのですが、いつも通りたくさんの方にお越し頂きました。

今日は、日米コピーライトオフィス代表の井上むつき先生による、「著作権講座」の第1回目。

著作物とはなにか?といった初歩的なところから、TPPによる著作権強化に関する最近の情報等について講義をして頂きました。

また、「米国著作権登録」についての講義も頂き、米国に登録するメリットをご教授頂きました。

参加者の方からは、「米国著作権登録」をしてみたいと、講義の後早速相談を受けました。

次回は、6月21日(土)発明神社大祭を行う予定です。

 

0 コメント

2014年

5月

17日

5月17日(土)知的財産学園

今日の知的財産学園は、「ネーミング公募にチャレンジ第2弾」として、オレアイダの星ポテキャラのネーミング創作を行いました。

今回は、一人で考えるのではなく、参加者を4つのグループに分け、意見交換をしながら創作を楽しんで頂きました。

やはり、一人で考えるのではなく、みんなで考える方が楽しいようで、色々な意見が出ていたのではないかと思います。

いつもは、企業の講演等が多い中、今回は自分たちで考える参加型の時間となりました。

その後は、いつもの通り発明品の発表会でしたが、今日はいつもよりも色々な意見が出ていたのではないかと思います。

0 コメント

2014年

4月

18日

東久邇宮記念賞授与式

本日、4月18日(金)に新宿京王プラザホテルにて、平成26年度の東久邇宮記念賞授与式が挙行されました。

本年は、94名の方が受賞され、当日は受賞者のうち71名の方が出席され、吉村靖弘会長より賞状が手渡されました。

 

11月3日(文化の日)には、東久邇宮文化褒賞授与式が挙行されます。詳しくは、ホームページにてご確認下さい。(詳細は、7月上旬に発表されます)

0 コメント

2014年

3月

01日

3月1日(土)知的財産学園

「ネーミングの公募に応募しよう!」

講師:事務局 青野

 

今回は、「ネーミング公募」にチャレンジしようということで、鹿児島市の「桜島フェリー」の新船ネーミング公募に取り組みました。

 

良いネーミングの秘訣は、「見よい」「言いよい」「分かりよい」の三拍子が揃っていること。この点に注意をしながら、それぞれ意見やアイデアを出してもらいました。

 

なかなか意見が出ない方もいましたが、最終的にはほぼ全員が応募はがきに記載し、郵送することになりました。

 

次回の「ネーミング公募にチャレンジ」は、5月17日(土)に行いますので、ぜひ参加して下さい。

 

その他、前回大雪で中止となったため、「発想法について」(小山先生)の講義や、発明発表会を行い、賑やかな会となりました。

0 コメント

2014年

2月

01日

2月1日(土)知的財産学園

「B-TAO(ビータオ)システム開発秘話」

講師 : 有限会社 加納

    代表取締役 渡辺 一弘 先生

 

 

今回は、渡辺先生より、元京都大学教授の故・梅棹忠夫先生が考案された「B6カード」をさらに応用し、一般の方にもわかりやすく使えるようにした「B-TAOシステム」についての講演を頂きました。

 

この「B-TAOシステム」は、昨年グッドデザイン賞を受賞され、デザイン的にも優れているという評価を頂いたものです。

 

このシステムは、カード形式になっているため、発明家のみなさんにとっては、日頃のアイデアを時系列ではなく、カードを並べなおすことで、アイデア別に分類し、整理することができるので、頭の中が整理することができるようになります。

 

このカードの活用方法は、多岐に渡ります。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

0 コメント