2月1日(土)知的財産学園

「B-TAO(ビータオ)システム開発秘話」

講師 : 有限会社 加納

    代表取締役 渡辺 一弘 先生

 

 

今回は、渡辺先生より、元京都大学教授の故・梅棹忠夫先生が考案された「B6カード」をさらに応用し、一般の方にもわかりやすく使えるようにした「B-TAOシステム」についての講演を頂きました。

 

この「B-TAOシステム」は、昨年グッドデザイン賞を受賞され、デザイン的にも優れているという評価を頂いたものです。

 

このシステムは、カード形式になっているため、発明家のみなさんにとっては、日頃のアイデアを時系列ではなく、カードを並べなおすことで、アイデア別に分類し、整理することができるので、頭の中が整理することができるようになります。

 

このカードの活用方法は、多岐に渡ります。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。