アイデア発想塾⑤

なかなかモノが売れないと言われる時代に、ヒットを生むキーワードとして注目を集めているのが「昭和レトロ」。昭和レトロとは、昭和の時代に対するノスタルジーや憧れの総称と言われ、その中でもブームの主流は、昭和30~40年代をさす場合が多いと言われています。


その頃に流通していた商品がいま「新しい」と、若者を中心に流行っています。
固定電話から携帯電話へ進化し、そして現在ではスマートフォンが主流になりつつあります。


しかし、昭和生まれの方にとっては、やっぱり電話と言えば「黒電話」ではないでしょうか?
プッシュフォンが主流になった時、現在のスマートな形になりつつある中で、黒電話型のプッシュフォンが人気になったことがあります。
そして「スマートフォン」になった現在、話題になっているのがこの受話器。


スマートフォンのジャック(イヤホン等を差し込む穴)に差し込む受話器なのですが、なんと形が黒電話そのもの!
レトロな外観も人気の理由の一つですが、見た目だけでなく「意外に使える」と好評なのだそう。


スマートフォンで電話をすると、女性の場合はファンデーションなどが画面に付いて、画面が汚れるのが気になりませんか?あるいは、男性の方は皮脂が付いてベタベタするなんてこともありますよね!?


また、メモをしようと思って、肩との間に挟もうと思っても薄すぎて挟めない。
そもそも、スマートフォンだと声が聞き取りにくいと言った不満もあるようで、この商品を使用することにより、一気に解決ができると評判なんだそうです。


あえて、薄い・軽いが評判のスマートフォンにおいて、この受話器を使うギャップも人気の一つ。
飲み会の席で、「あっ!家に電話しなきゃ!!」とこの受話器で会話をしたら…(笑)